揚げるだけ簡単 Malasada! How to cook.

焼成済み冷凍マラサダを使うと、簡単にマラサダを作ることが出来ます。

このマラサダの特徴は、なんといっても発酵、焼成した状態で冷凍しているので、

発酵の手間なく、解凍後すぐに油調することができます。発酵工程を省くことで提供時間を大幅に短縮することが可能なんです。


【作り方はとっても簡単】解凍後に180℃の油で表1分30秒、裏面1分を油調するだけ。仕上げにグラニュー糖をまぶせば簡単マラサダの完成です。

焼成済みマラサダの調理方法を紹介致します。

Step 1

冷凍されている焼成済みマラサダを解凍します。 ※常温解凍で約2~3時間程。解凍する部屋の温度・条件によって時間は変動します。 ※ご利用の前日に冷蔵庫にいれ解凍していただいても構いません。 ※レンジでの解凍はお控え下さい。水分が飛んでしまい仕上がりに影響します。



Step 2

油を180℃に設定します。初めはフラットになっている側から、1分30秒揚げます。

Step 3

1分30秒経ったら、裏返します。反対面は1分揚げます。

Step 4

両面揚がったら、形を崩さないよう、やさしく取り出します。 この時強く掴まないように注意して下さい。

Step 5

バットに移し軽く油をきります。

Step 6


グラニュー糖をボールに用意します。マラサダの両面にグラニュー糖をまんべんなくまぶします。 この時、マラサダが冷めない内に行ってください。 グラニュー糖の絡まり具合が良くなります。 ※底の深いボールなどで行うと、散らかりずらく行いやすいです。


※リーヒンパウダーやコーヒーシュガーパウダーなど

お好みでアレンジも可能です。

※リーヒンとは・・・

 ハワイではとってもポピュラーなもの。

 梅干の風味に甘くて酸っぱい味わいで

 一口食べたらクセになる。



Step 7



バーガー袋やウッドプレートなど美味しく盛り付けたら、超簡単マラサダの完成です。 フィリングなど詰めてリッチマラサダにしてもGood!!


コメント欄を読み込み中

Copyright © 2016 Simple Company Inc. Login